Blog

スマートフォン向けアプリのリリースを中心に行っている株式会社 gumiは5日の引け後、15年4月期の連結業績予想を下方修正した事で嫌気されました。
通期予想で売上高を大幅に引き下げ、営業利益はおよそ13億の黒字から4億円の赤字。経営利益は6億円の赤字で、最終損益は8億強の黒字からおよそ1億強の赤字になるとしています。

日本のみならず海外へ向けて展開している同社スマートフォン向けゲームが既存タイトル、新規タイトル共に売り上げ計画が未達となる他、パブリッシングサービスの展開が遅延している事などが影響していると考えられています。
今後は各タイトルの売り上げ増加や海外展開の加速、コストの見直しなどを行う事で業績回復に努める姿勢です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。