Blog

ソフト・ハードウェア開発などで知られるSCSKが3日連続で続伸となっています。
同社は1日に日本自動車研究所向けに大規模高速最適化システムを構築したと発表。
このシステムは自動車衝突シミュレーションなどに使われるとされ、各自動車メーカーが衝突回避技術の開発に注力している中での発表となりました。
これらの発表によりビジネス機会拡大等も期待されています。

日本自動車研究所は自動車の安全技術を通して、日本の産業へ貢献する事を目的としている機関。
今回SCSKによって構築されたシステムは、特に大規模モデルを用いた自動車追突シミュレーションの能力向上などが期待出来るということで、業界から多くの注目を浴びています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。