Blog

衆院選の自民党圧勝により株が連日連騰していますが、日本だけでなくアメリカでも株は上昇が続いているのです。

しかし、連日の連騰は良いことばかりではなく、いつ下がるのかという声があるのも事実なのです。

需要と供給のバランスが価格形成に大きく影響しており、企業が積極的に株を放出している場合には、供給より需要が多いということになります。

衆院選が行われた日本では現在、国の力や施策が関係していると言われていて、自民が圧勝したことにより安定感など景気への期待が高まっているとも考えられますが、国の施策が変わればこの上昇も止まり、下がる可能性も捨てきれないのです。

現在は上昇しているかもしれませんが、この流れはいつかは止まると考えて警戒心を持っておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。