Blog

何が起こるか分からない現代、老後の資金として幾らくらいの金額を準備しておくべきか知っていますか?
生活費には地域差や個人差がありますが、きちんと家計簿を付けておくと具体的な金額が分かるとのことです。

ある経済ジャーナリストによると、老後資金は最低でも1500万円あれば良いとのことですから、投資信託で積み立てを行うのがオススメですが、税金が課税されますので手元に資金が多く残せる投資を選ぶと良いでしょう。

最近では、税金が非課税の投資も登場しているようですし、現在貯金している金額の一部を投資信託に配分して老後資金の準備を行いましょう。

利回りや年金終価係数などから試算してみると、だいたいの金額を知ることができますし、今後の安定した生活を考えているならぜひチェックしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。