Blog

国内の新車市場が低迷している中、スバルの車の受注は堅調になっており、富士重工(スバル)の自動車メーカーでの売り上げが最下位でしたが、2012年から売り上げが成長しており、今では他社と同規模の業績になっています。

スバルの車の受注は前年越えが続いていて、2015年には世界シェアが1%で国内シェアが5%だったにも関わらず、必要としているユーザーのニーズに応える個性的な車作りがスバルの好調につながりました。

原点回帰を行い、既存の車についての宣伝方法の見直しやマイナーチェンジが成功したことで、落ち込みもほとんどなく好調になっています。

今秋には新型のインプレッサの発売が控えており、商機を失わないような課題の解決や戦略が求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。