Blog

昨今の株主総会は、今までタブーとされてきた株主による経営への意義の発言が増加しているのだそうです。

本来株主総会とは経営者と株主が意見のやりとりを行う場所であり、6月末は多くの企業で株主総会が開かれますが、今までは株主の意見はクレーマー扱いされて、意義を唱えることは少なかったのです。

経営破綻や欠陥商品などの問題がある企業の株主総会では株主から厳しい意見も多く、株主への配当が増えなかったり損が出たら、株主自身の財布にも影響しますので意見表明する人も多いのです。

企業側の対応にも変化が見られ、昔は株主総会へ参加した株主に対してお土産を配る企業も多かったのが、当日参加できなかった株主への配慮としてお土産を配らない企業が増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。