Blog

東京株式市場は、為替相場の円高一服を好感した買戻しがはいりましたので、日経平均株価は前日比60円58銭高の1万5919円58銭と、5営業日ぶりに反発となっています。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票への懸念が強くなっており、上げ幅は限られた状態意なっています。

東証株価指数(TOPIX)も5.18ポイントあがり、1277.11と同様に5日ぶりに反発しています。
東京債券市場では、長期金利が4日連続で過去最低を更新し、英国のEU離脱懸念から投資家がリスク回避姿勢を一段と強め、逃避資金が債券市場に集まり、長期金利の低下に拍車画家かっています。

長期金利の指標となっている新発10年物国債の利回りは、前日終値より0.025%低いマイナス0.195%まで低下しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。