Blog

25日、旭化成はアメリカの製薬会社ベロキシスを約1432億円での買収を決めたと発表しました。

ベロキシスの株式はデンマークの会社が100%を保有していますが、旭化成の子会社が来月に株式の買い付けを開始するのだそうです。

ベロキシスは体内での薬のデリバリー技術を独自に持っていて、免疫抑制剤の販売を行っていますが、この技術はガン治療などへの応用が見込めるので、今後の高い成長が期待できるのです。

旭化成はこの技術の取り込みによって、アメリカの医薬品市場での基盤確立をして、旭化成の事業との相乗効果を創り出したい考えだという事ですよ。

ベロキシスの公開買い付けに必要な資金の総額は、89億デンマーククローネだと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。