Blog

少子高齢化に伴い、企業の人手不足が話題になっていますが、迫りつつある団塊世代の大量引退が大廃業の時代を引き起こすのではないかと言われているのです。

経産省によると、日本企業は127万社が2025年には廃業危機を迎えるという予測をたてており、この問題を放置していると650万人の雇用やGDP22兆円が失われかねないとのことです。

廃業する企業はその半数が黒字経営ではありますが、企業を継ぐ後継者が居ないため、廃業を選ぶという企業も多いのだそうです。

廃業予備軍と言われている企業は、製造会社や中小企業だけでなく、日本が誇る老舗企業や伝統企業も含まれており、何らかの対策をしなければ日本のオンリーワン技術が失われるかもしれないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。