Blog

今月3日に新しく発売された任天堂のゲーム機・ニンテンドースイッチですが、国内販売3日で33万台という、これまでの据え置きタイプゲーム機では最速の売り上げを記録しているのだそうです。

本作は据え置きとしても携帯ゲームとしても遊ぶことができる画期的なゲーム機であり、他のゲームがホリデーシーズンに合わせて発売されているのに対し、今回は商戦とはズレたタイミングで発売されたにも関わらず、好調な販売記録となっています。

このニンテンドースイッチが好調だったことで、株価の見直し買いが勝っており、国内外の投資家から注目されていて、売買代金は東証1部全体の8%を占めているのだそうです。

今後、新しいソフトの発売が期待されていますが、為替相場の値動きが落ち着いていることで、安心感が感じられるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。