Blog

株式 最新ニュース

プラスチック製精密工業部品製造メーカーである三光合成が急反発し、一時75円高の373円を付ける結果となりました。
1月21日の年初来高値である320円を大きく更新。さらに8日の引け後には双葉電子工業と資本・業務提携を行なう事も発表した事が関わっていそうです。

資本提携で、双子電子が三光合成の筆頭株主である三井物産から310万株を取得し、筆頭株主になります。
業務提携では三光合成が有している「金型、成形関連技術」と双子電子の「モールドマーシャリング」などの技術商品を融合し、様々な顧客のニーズに応える新技術や新製品の開発、サービスの提供を行ないます。
さらに両者の国内外の拠点や、生産設備などを相互に活用し、効率的な生産、新たな販路の獲得を目指すそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。