Blog

インターネット上でフリーマーケットアプリを運営しているメルカリが、6月19日に新興企業向けの東証マザーズ市場に新規上場することが決定したそうです。

時価総額は3000億円にもなると言われていて、2013年に創業後、スマホの普及やCMによる知名度向上でユーザー数が拡大し、国内外のダウンロード数は1億円にも上っているのだそうです。

6月11日には売り出し価格が決定すると言われていますが、今年上期で最大級の新しい上場銘柄になると予想されています。

メルカリ創業者は、中長期的な成長を見据えていて、良いプロダクトを作りたいとコメントしています。

調達した資金は、不正品検知の人工知能の開発や海外ユーザーを獲得するためのサービス強化などの資金に当てるとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。