Blog

株式 最新ニュース

アメリカで、スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO」が大ヒットしていると話題ですが、その影響で19日の東京株式市場で、任天堂の株価が3万円を突破し、ゲーム公開前より2倍に急騰したことになります。

ポケモンGOの爆発的人気により業績への期待感が増したため、買い注文が集まったことで、1日の株式売買代金は7000億円を超え、個別銘柄としては過去最高を更新したのだそうです。

株価と売買代金の上昇により、時価総額が約4兆5000億円にまで大きくなり、SONYやみずほフィナンシャルグループなどを上回る勢いになっているようです。

前年同期は赤字でしたが、ゲームの人気により任天堂だけでなく、ポケモングッズなどを作っている関連企業にも良い影響が出ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。