Blog

多くの企業が株主総会を開催する中、欠陥エアバッグのリコール問題で経営が悪化し、民事再生手続きの開始が決定されたタカタが、28日に債権者300人に向けて説明会を行いました。

説明会では、事故の被害者への謝罪の言葉を述べた後に、下請け企業の倒産や製品供給に支障が出るのを防ぐためにも、関連している自動車メーカーへの安定供給責任を優先すると述べました。

タカタの下請け企業は全国に571社あると言われており、タカタの経営悪化の影響を受ける可能性が高いことから、政府は連鎖倒産を防ぐための支援措置を行うとの考えを示しました。

経営再建の目処が立った後に高田会長兼社長が引責辞任すると表明し、来年3月までには中国の企業傘下の自動車部品会社に事業を売却し、債権者へと対価が支払われるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。