Blog

自動で掃除を行ってくれるとしてロボット掃除機が大きな話題をよんだ中、スティック型コードレス掃除機への注目も集まっています。
スティック型のコードレス掃除機は今までも多くのメーカーから発売されていましたが、本体の重さや吸引力の弱さなどから、多くの家庭では補助的な掃除機として使用されていました。

しかし近年では、搭載されているモーターの小型化や高性能化が進んだことで、軽量化や吸引力の弱さが改善されています。
さらに長時間の使用も可能になった機種も多くでてきたことで、従来のコード付きの掃除機と大差ない性能になりました。そうしたことからコードレス掃除機をメインとして購入する家庭が増えています。

各社それぞれが自社の技術をふんだんに用いたコードレス掃除機を発売しています。
特に注目が集まっているのは吸引力99%以上を持続させたコードレス掃除機を発売予定の三菱電機、高い吸引力と電池交換無しで2000回以上充電が可能な掃除機を発売している東芝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。