Blog

近年では、愛車にカーナビや車載カメラを搭載しているというドライバーも増えているようですが、カーナビシステムのメーカー各社が岐路に立たされていて、生き残りのための戦いが本格的に始まっているのだそうです。

カーナビ市場は成熟しているため、販売台数の大幅な伸びも見込めないと言われており、あるメーカーは事業が悪化したことで他社と提携により立て直しを模索しているとのことです。

車のIT化が進んだり、スマホが普及したことにより、カーナビ需要が減少傾向にあり、次世代の車への対応や収益向上のための土台作りが求められているのだそうです。

他の会社でも親会社との経営統合などが行われており、事業再編も考えられるとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。