Blog

株式 最新ニュース

米石油・天然ガス大手のマラソン・オイルは4日2014年4〜6学期の決算を4日に発表しました。
純利益が前年比27%増で、1株当りも33%増の80セントとなり、調整後の1株当りの利益も33%増となりアナリストの予想を上回る結果に。
要因として北米市場で原油価格と生産量が共に上昇したことが考えられています。

ただし全体の売上高を見ると前年比から2%減になり、アナリスト予想を下回りました。
これについては石油・天然ガスの販売量が前年比9%増となっているものの、ノルウェーの減産とアンゴラの生産中止で全体の販売数量が僅か1.5%増となったためだとされています。
リビアを含めた全体の販売数量も同8%減に。

この四半期決算の結果を受け、株価は4日に1.58%高で引けたあとの時間外取引でも米東部時間の夜には1.99%高と一段高となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。