Blog

株式 最新ニュース

米インターネット検索大手のグーグルは、米証券取引委員会に提出した報告書で、同社の最高財務責任者であるパトリック・ピシェットCFOが退任する事を明らかにしました。

退任時期は詳しく語られていないものの、後任への引き継ぎなどを行ってからの退任だとしています。退任の理由について同氏は「子どもが成長し手がかからなくなったことで増えた夫婦の時間を大切にしたいと思った」と語っています。
ピシェット氏はカナダ通信大手で取締役を7年務めた後、2008年にグーグルの新CFOとして迎えられていました。

同氏はグーグルが野心的に行おうとしていた新規プロジェクトにブレーキをかけ支出の増加を防いでいたなど、財務運営のコントロールに高い評価を得ており、一部のアナリストからは「(ピシェット氏の)退任はグーグルにとって大きな損失」と指摘しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。